沖キスは素焼きで生姜醤油がうまい!

こんにちは!

心地よい秋晴れのシルバーウィークから一転、今日はしとしと冷たい雨が降っています。

 

みなさん、連休の疲れは出ていませんか?

雨の日はじわぁ~と、疲れがにじみ出てくるようで何となく身体がすっきりしませんねぇ(*_*)

 

そんな時は!!!

 

疲労回復に、やっぱりお魚!お魚!お魚! デス!!!

 

今が旬の「ニギス」=「沖キス」です

4

大きな眼におちょぼ口の愛嬌たっぷりのお顔

 

透き通る銀白色の美しいお肌

2

沖キスは、深海200メートルほどの所に生息しているので

底引き網漁が解禁になった9月から旬を迎えます。

 

身がとっても柔らかく鮮度が落ちやすいので、あまり都会には出回らず

海の街ならでは味わえるとっておきのお魚です。

 

干物にしても、もちろん美味しいのですが、きざき商店では

そのまま素焼きにして、生姜醤油で食べるのが人気です。

6

 

遠火の強火でじっくり焼くと・・・

 

7

 

香ばしい香りと共に、脂がしたたり落ちてきます。

 

沖キスは、秋サンマにひけをとらない旨みたっぷりの脂がのっています。

ふっくらとした白身に甘味のある脂がじゅわっと広がり、何とも深い味わい。

 

頭から丸ごとかぶりついて食べられます。

 

魚はおいしくって、身体にもよくって、言うことなし!ですね~

 

みなさんも、機会があれば是非!沖キスを食べてくださいませ!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です