ハタハタで秋を感じる海の街

  こんにちは!少しずつ涼しくなりましたね。

先日は、十五夜のお月さん。みなさん、見ることはできましたか?

雲の形も風の香も、日に日に秋らしくなってきます。

 

こちら、海の街。宮津では、魚が秋の訪れを教えてくれます。

 

 

9月1日からは、底引き網漁が解禁となり、宮津漁港ではハタハタやカレイなどが

たくさん水揚げされました。

 

きざき商店でも早速ハタハタを・・・!!!

はたはた鮮魚

金色に輝く美しい魚肌♡

白くて脂がほどよくのったプリプリの身は、美人の証です。

しかし、表面はぬめりがあって掴みにくく、おまけにエラブタに鋭い刺があるので、料理をする時は、注意が必要です。

 

きざき商店のハタハタは、干物はもちろんのこと、煮付けや南蛮漬けも大人気で、日々の行商でもおばあちゃん達に喜んで食べていただいております。

 

干物の冷凍保存をせずに、旬の魚を旬の時期にお届けすることを大切にしている

きざき商店では、今、ハタハタの干物が超おススメです!!

はたはた干物1

食べ方も超簡単!!

はたはた食べ方1

焼いて、頭を取って・・・

はたはた食べ方2

骨を抜いて・・・

はたはた食べ方3

できあがり!!

パクパク何匹でも食べられちゃいます♪

月夜を眺めながら、冷酒片手にいかがですか~(*^-^*)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です